読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンショック世代の思わず抱きしめたくなるブログ

元バンドマン 文系 27歳 転職3回 どうにもならないなりにやってみる日々

コミュニティを作る ”ゆるいつながり”

コミュニティをつくろう イベントをやろう

コーハマです。

 

この度、イベントの企画をすることになりました。

イベントの名前は”ゆるいつながり”

↓ブログも作りました。

banana-no-danna.hatenablog.com

 

f:id:chancechance:20150317155319j:plain

6月末に大阪で開催予定のこのイベントは、その名の通り人と人とが”ゆるく”つながることを目的としていて、参加する人たちが美味しいゴハンを提供したり音楽をしたり大好きなことをプレゼンしたりして、参加者がお互いに新しい発見をするきっかけを作れるような場を作ることを目指しています。

きっかけは、友人であるミュージシャンのライブを奥さんと観に行ったときのこと。

会場は普通のライブハウスではなくフリーのコミュニティスペースで、簡単な音響機材や備え付けのキッチンはあるものの常駐のスタッフはおらず食事の提供やライブの音響まですべて主催者や参加者で行うという形態を取っており、奥さんが「ここで何かできそうね」と言ったことがきっかけでした。

ちなみにこのイベントは妻と共同での企画です。

現時点で飲食店の方やミュージシャンが続々と参加を決めてくれており、準備が着々と進んできています。

上に書いた50人くらいが入るスペースを借りていて、まずはここを埋めることをひとつの目標にして楽しいイベントを作っていこうと思います。

 

なぜ”ゆるくつながる”のか?

そもそもゆるくつながることの必要性を感じたのはなぜか?

それは東浩紀の著書「弱いつながり」を読んだ事がきっかけでした。

内容については↓

banana-no-danna.hatenablog.com

 

凝り固まった”強いつながり”の中で生きることよりももっと外の世界とのつながりを意識したいし、そんなつながりを求めているのは僕たち世代を始めたくさんいるだろう、ならいっぱいつながっちゃえ、という主旨です。

 

さらに言うと、僕や僕の奥さんの周りには一芸に秀でた人や抜きん出た知識の持ち主が多く(その多くは、たくさんの人に観てもらえる場を必要としているがその機会がなかなかなかったりする)、そうした人をそのままにしているのはもったいない、と思ったのもひとつのきっかけである。

 

そんな訳で”ゆるいつながり”を広げていくべく、企画を進めていきます。

 

↓工事中

yurutsuna.com